専業主婦でもキャッシュカードでキャッシング出来るのか?

専業主婦でもキャッシュカードでキャッシングができる場合があります。消費者金融だと申請者に収入がない場合には受け付けしませんが、銀行の場合だと受け付けしてもらえる場合があります。その場合には条件があり、配偶者に安定した収入がある事が条件になります。銀行に申請書を提出すると配偶者の信用情報を照会しますが、万が一そちらの信用情報の中に遅延や延滞といった事故情報があった場合には審査の通過が難しくなります。配偶者の職場に在籍確認の電話が入る場合もあります。その場合には配偶者がきちんと申請書に記載されていると職場で働いているかどうかが審査されます。万が一ですが、在籍確認が取れない場合には支払い能力がないと判断されるだけでなく、申請書に嘘を記載する信用が置けない人と判断されます。これらの審査を経て一定の評価を得た人のみが融資を受ける事が可能になります。
銀行のキャッシュカードを所持している場合にはそちらのキャッシュカードでキャッシングができるようになります。
キャッシングをする際には注意しておく事があります。契約時に支払額と支払日を取り決めますが、そちらの約束が守られない場合には利用限度額が引き下げられたり、最後には強制解約となり全ての金融商品が取引できないようになる場合があります。どうしても支払いができない場合には銀行のカスタマーサービスセンターに相談して、二回目の引き落とし日を設定してもらう事が大切になります。
キャッシングで即日借りれる【お急ぎの方必見】はこちら