不動産売却露担保について

不動産売却において問題となる点に担保の抹消があります。通常、担保設定においては、不動産購入における1回限りとなる抵当権と、事業などの資金繰りで継続的に利用するために設定をする根抵当権があります。特徴としては、抵当権では設定時に債権額が特定され、根抵当権では、設定時に一定範囲の債権額に対して特定される点があります。例えば、5,000万円の物件購入で4,000万円の借入をした場合には、銀行は4,000万円の担保設定をすることになり、事業などで不動産価値に合わせて行った場合などでは、枠いっぱいとなる5,000万円の根抵当権が設定されることもあります。
不動産売却では、ここでの抵当権抹消が可能かどうかが売却をする重要な点となり、売却をする場合には、原則、抵当権を抹消した上で行う必要があります。しかし、個人などが売却を行う場合には、一時的にまとまった金額を用意する必要が生じるために非常に難しく、この場合には、銀行サイドとの話し合いを行い手続きを進める必要があります。また、買主に関してもその旨を了承してもらう必要があり、事前の承諾が重要になります。通常、それぞれに了承が行われたのちに売買契約が取り交わされることになり、この場合、貸し手側の銀行に代金が振り込まれることで抵当権の抹消が行われることになります。注意点としては、必ず、抹消に関しても書面の取交しをしておくことがあり、仲介業者、買主、担保設定金融機関の立ち合いのもとに手続きをすることが重要になります。
http://xn--f9jya6dub8ay082ctbe.net/